書籍・雑誌

2008年1月30日 (水)

ピカソの戦争 ≪ゲルニカ≫の真実

「ピカソの戦争 ≪ゲルニカ≫の真実」白水社刊を読みました。

「ゲルニカ」という絵は、ピカソの代表作ともいえるものですが、私が絵画を好きになったきっかけの絵でもあります。高校の時の美術の教科書に紹介されていて、この絵に込められた反戦の意図を知ったとき、それまでたんなる奇っ怪なものだった絵が、突然に恐怖を感じさせるメッセージとなったのです。

ゲルニカとは、スペインの地方都市の名前ですが、この本の中では、原爆を投下された日本の広島と同じような境遇ではないかと書かれています。

ピカソは、万博会場に設置される巨大な絵を描き、都市ゲルニカに起きた悲惨な殺戮を訴えたのです。

この絵をきっかけに、私は他の芸術作品にも興味を持つようになりました。

この本は、絵≪ゲルニカ≫が生まれた背景から、たどった足跡をつづったものですが、芸術家と作品、平和と政治などのテーマを持ったものだと思います。≪ゲルニカ≫に興味のある方は、是非ご一読あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

金持ち父さん貧乏父さん2

この本は、「ファイナンシャル・リテラシー」ということで、お金の活用方法についての能力を身につけるように薦めています。それを「損益計算書」と「貸借対照表」(バランスシート)を簡単に図解して、説明しています。非常にわかりやすくて勉強になりました。他の「金持ち父さん」シリーズも読んでみたいと思います。賛否両論はあるようですが。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

金持ち父さん貧乏父さん

最近、本を買いました。タイトルにある本です。数年前のベストセラーですが、内容には感銘を受けました。もっと早く読んでおけばよかったと思ったほどでした。

しかし、http://ameblo.jp/dreamgate/entry-10004783971.html を読んでみたら、もっとすごいことを考えてあったのかもなと知りました。頭は使いようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)